12年ぶりの仔育て記憶は薄らぎ・・・そんなある日、ちいさなお姉さんがやってきました


by boy0202
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

生後75日のパワー

子犬のパワーって、こんなだった?一秒たりともジッとなんてしてません。よくもそんなに動き続けて疲れないの?どれだけ食べれば満足するの?お水だってあればあるだけ飲みますしね。
ホピンやスポは、こんなじゃなかったはず。
いやぁ、人間というものは都合の良いことや、楽しかったことは強く記憶するものらしい。
徐々に12年前の記憶が呼び戻され、今と同じだったような気がしてきました。
特にホピンの記憶は鮮明に思い出され、若かった(あくまでも今よりはですよ)わたしは、泣くことさえあったことを思いだしました。
今朝は、ウンチにまみれたboyの洗濯から始まりました。
明日の無事を祈りたいとおもいます。
e0130299_1562811.jpg


             何かに夢中 無防備な背中
[PR]
# by boy0202 | 2008-02-06 02:01

boyがやってきた

12年ぶりの仔育てです。4頭の大型犬(G.レトリーバー)との暮らしを経験し、自信満々の門出でしたが・・・・12年の歳月に記憶は薄れ、体力も落ちてきた今、気力と図太さで苦難の数ヶ月を乗り越えるしかない!そんな思いで書いていこうとおもっています。

boy G.レトリーバー 牡  2007/11/19 7頭兄弟として生をうける。

兄弟の中から一頭を選び出す、緊張の時です。
まずは、子犬たちの動きを冷静に観察する。おもちゃを投げてみる。無言でサークルの前に近づく。歩行の観察。わたしに近づき、最前列中央(2頭になる場合もあり)に鎮座する仔はなるべくならパスしたい。ここで悩むのが中央の構成が良い時であります。
理想としては、前列ではあるが、端っこに位置し、尚且つ歩行、構成がよく、物怖じしない仔。
顔が可愛いければ言うことなし。

しかし、そうそう簡単なことではありません。子育ても12年ぶりなら、パピーの集団を目の前にするのも12年ぶり。誰が冷静なんかでいられますか。

記憶を辿り、過去の育児日記を読み直し、boyとのあれやこれやを記録していきたいとおもいます。
e0130299_11173625.jpg

[PR]
# by boy0202 | 2008-02-04 11:20