「ほっ」と。キャンペーン

12年ぶりの仔育て記憶は薄らぎ・・・そんなある日、ちいさなお姉さんがやってきました


by boy0202
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

<   2009年 04月 ( 8 )   > この月の画像一覧

もういいよ!

・・・って言うのは、同じことばかり流し続けるテレビジョン

外で裸も論外だし、深夜に大声がダメなのは百も承知(しらふならね)

お酒入ると自然に声でかくなるし、旅先のお宿でそれに近い姿になる人も知ってる

静かにしてください!って新幹線の中で注意されたことあったなぁ

酒飲みは酒のみに甘いのかもね。

しかし強いんだなぁ、あの数値まで呑めるなんて・・・わたしならその前に眠くなるか、吐いてる
[PR]
by boy0202 | 2009-04-24 01:24 | hitorigoto

I LOVE COROCORO

毛深い家族がいる家の必需品

しかし、お値段なのか?はたまたサイズなのか?使い心地がいたって悪いのがあります。

きれいに剥がせず、無駄にビリビリと・・・しまいには手にくっついたりして

こうなると無性に腹がたったりして

e0130299_0202194.jpg

[PR]
by boy0202 | 2009-04-23 00:21

見えない筋肉

我ながら続いてます!飽きることなく。かなりまじめな生徒だとおもってます。

個人レッスンのお陰か、このごろ姿勢も良くなってます。

しかし、身体のゆがみはまだまだだし、なのでバランスすごく悪いし。

内なる筋肉育ててますので、マッチョのように筋肉見えません。

残念ながら、ホットヨガには嫌われましたが、ピラとはなかなか相性よし!


e0130299_23414886.jpg

[PR]
by boy0202 | 2009-04-22 23:41 | 学習

つぶあん

わたしの場合、急に食べたくなると少々面倒かな?っておもっても食べたい方が勝り、製作に取り掛かったりします。

豆の類は大好物、甘く煮たお多福豆やら、ふき豆、少し塩味を加えたうずら豆・えんどう豆・小豆のつぶあんも大好き

しかし、豆を煮たことは生涯一度たりともありません。

なのに、なぜ?豆を煮たのか・・・

それはオットが買ってきたBE-PALに小豆を煮るのは以外に簡単!って出ていたから

確かに簡単です。自分で作れば甘みも加減できるし、甘みの元もお好みだし。

一袋買うと使い切るのに一年は掛かるキビ砂糖も、あんこのお陰で残り少なくなってます。

e0130299_2258372.jpg


素人が適当に作ってもそこそこなのに、なんとあんこを他所から買ってる和菓子屋がいるとは。けしからん!
[PR]
by boy0202 | 2009-04-13 23:03 | 好きなモノ

床下から声が

↓の画像、勢いに任せて大変お見苦しい姿を公開してしまい、申し訳ありませんでした。
取りあえずは心臓の心配はなくホッとはしておりますが、あの夜の激痛の原因が分からずじまいだし、
現地での検査結果を持ちまして、近々こちらの病院で改めて検査をしてこようとおもっています。

ご心配くださり、お電話やメールをくださった皆さまありがとうございました。

また、今回宿泊先のご好意がなければ、安心して入院さえできなかったことに感謝しています。
昨年の春、15才のゴールデンを亡くされ、新しい家族を迎える気持ちにまだならないとおしゃっていたご夫妻から、数日でしたがboyと暮らし、また犬との生活を始めたいとおもうようになったとお聞きして、大変嬉しくなりました。

さて、話題はまったく変わりますが、深夜お風呂に浸かっていたところ、何処からか聞きなれない音が聞こえてきました。

換気扇がまわっているような、車のエンジン音のようにも聞こえます。
音は湯船の下辺りからにも感じましたが、隣の賃貸駐車場から聞こえる気もします。
何の音かも分かりませんし、何処からの音かも分からなかったのでその夜はそのまま気にもしないで、寝てしまいました。

翌日もお昼頃まで音のことなどはすっかり忘れていたところ、また昨晩の音が聞こえてきました。

ガス漏れかしら?いやいやそんなはずはない!どうやら音は床下から聞こえてるようです。
床下を調べるには、お風呂場の脱衣所にある床下収納を持ち上げれば。

音が判明しました。水道管から水が漏れ、流れていました。
それも後から分かったことですが、給湯管の腐食・・・まぁ原因が分かったので、早速業者に修理してもらうこととなったのですが・・・・

修理はとても時間がかかり、昼過ぎから夜の8時過ぎまでかかりました。


そういえば、うーたんの姿が見えないね。まさか玄関開けっ放しだったし、出ちゃったんじゃない?
2階はどう?寝室のクローゼットの暗闇も好きだよね?猫ってヤツは神出鬼没な生き物ですし、特に我が家のうーたんはとても猫らしい気性の猫ですから、人見知りも相当なもんです。

見ず知らずの人なんかが居ようものなら、絶対に姿を見せませんし、吼える犬も苦手です。
そんなうーたんですから、多分玄関まで出て来ることなんてありえないし、どこかで身を隠しながら寝込んでいるわよ!これがわたし達の見解でした。

ところが事態は想像を遥かに超えたことになっていたのです。

給湯管の修理も無事に済み、施工先と修理先の人たちが8時に家から居なくなってもうーたん出てくる気配がないのです。

もう一度、2階から1階大きな声で呼んでみましたが・・・・そろそろお腹も空いただろに、トイレにだって入りたいだろうに、ノド乾いてないの?うーん、やっぱり家の中には居ないみたい。
困りました。夜に黒猫の捜索は実に厳しい。それにうーたんは非常に臆病だし。

どうすべか?とおもっていた矢先、微かに遠くで泣き声が聞こえたような

声は玄関の近くから聞こえてるみたい。そうかやっぱり外に居たのね。お帰りあそばしたのね、うーたん。

こんな時も犬ならば、玄関を開ければ飛び込んできますが、うーたんの場合はかなり難しいのです。
玄関も静かに静かに慎重に開けなければなりません。せっかく帰宅したのに、またどこかに隠れてしまうからです。

わたしはこれまでの経験からそーっと開けました。暗闇に泣き声はしますが、はて?どこから聞こえているの
か・・・

驚かさないよう優しい声でおびき寄せようとするわたし。泣き声はすぐ近くですが何処なのか?

姿を見つけてもらえない苛立ちからか、うーたん泣き声に益々力が入ったようです。
あれれ、なんでココに居るの!?うーたんの数少ない白い部分が暗闇にもハッキリと見てとれました。

さぁ、うーたんはどこにいたのでしょう?正解は床下でした。
家の基礎部分にが床下の湿気を逃がす空気口ってありますよね。小型の牢屋のようにも見えます。

そうかそうか!床下収納部分 昼前から外してました。 あそこから飛び降りたのね。
飛び降りたまでは良かったけど、知らない人が居たからじっと隠れてたんだ。何時ごろ降りたか知らんが、7時間ぐらいいました?

でもね、床下でよかったよ。外には出られないし、うーたんには相当広く感じるだろうし、まぁちょっとしたキャット・ランっていえなくもなし。

e0130299_1243250.jpg


ねこは、出る気持ちがなくても窓が開いているとなんとなく出て行くし、穴とかも好きです。
きっと、覗いていたら降りたくなって降りたんでしょう。蓋されるのもしらんで・・・(バカめが)
[PR]
by boy0202 | 2009-04-10 01:36 | チコ&boy&うーたん
災いは幸せの絶頂に突然来たのでした。何故?幸せだったのかと申しますと、気持ちよい酒の酔いからの流れで睡魔が訪れ、深い睡眠へと落ちていくことはわたしにとりましては、この上なく幸せだからなのです。

そんな幸せもこの夜ばかりは長くは続きませんでした。

9時ごろベッドにもぐり込み、相手の迷惑も顧みず、適当に気持ちよくなってたわたしはメールを入れたのでした(外で気持ちよくなった時によくする癖のようなものでして・・・恥)
送信するだけしておいて、その後寝てしまったようです。
一時間後に痛みで飛び起きるまでは・・・

これはただの胃の痛みではなさそう。胃痛ならばこれまでの経験から、身体を海老のように丸めてしばらく静かに耐えれば、なんとかなるはずですから。

この痛みは知らない。経験ない!もしやこれが胃痙攣?いや胃捻転っていうの?痙攣と捻転の違いは?

ピィポーピィポー♪救急車に乗せられ、一路病院へ

ピィポーピィポーに乗せられ10分もすると、前後の痛みは少しずつ楽になり、また5分もする頃にはまったくなくなってきたのです。そうなると、今度は宿にひとりで置いてきたboyのことが気が気ではありません。

救急車の中では、心電図やら血圧やらを調べている様子。
救急隊員の話し声からは、特に異常はないみたいだし、このまま引き返してくれないかなぁ?
胃痛だったのよ。多分?だとおもう。

しかし、何処まで連れて行かれるんだろう?まだ着かないの?田舎の深夜に小一時間も掛かるっていったい
何処まで来ちゃったのよ!

どうやら連れてこられたのは、お宿のある裏磐梯から一時間も離れている会津若松の救急病院でした。

しかし、まだまだその時は「何の問題もないようだから、お宿に帰れる」とたかをくくっていたのでした。

心電図に少し心配な波形があるらしい?えっっ~胃じゃないの?心臓の痛みだったの?そう言われてみれば
そんな気もしてきたような。だとしたらあれって心筋梗塞からきた激痛?

e0130299_126666.jpg


腿の付け根の動脈からカテーテルを入れ、検査終了後のICUでの姿。こんな時にカメラを向けられていたとは露ほども知らず、右足は動かせず、両手は管で自由が利かず、背中が痛いやら、血管を広げる点滴のせいで、頭が割れるように痛いのが退院まで続いたのであります。
この時点でこんなふざけた写真を撮ったのは、検査で心臓には心配なし!とのお墨付きをもらった安心感からだと思いたい。

振り返りまとめますと、今回裏磐梯のお宿ではわたし達は一泊もしないまま、わたしは病院で3泊、オットは病院の狭くて硬い長椅子で眠れないまま一夜を明かし、その後は会津若松駅の東縦インに2泊。
今回のお宿のサンディーズさんにはboyのみ3泊もしました。

※ 何処に行くにも保険証は携帯しましょう!(わたしはいつでも携帯してます)
   そうそう、禁煙に関しましては、特に何方からもおやめなさい!と言われてません。
   3泊の病院生活で、とくにニコチンがなくても生活していけるような気持ちになったみたいです。
   禁煙生活も本日で、丸6日が経ちました。しかし、そう簡単にはニコチンの呪縛からは離れられないような
   気もしています。禁煙も2度目だね!と友人に言われましたが、実はもっとありますので、気軽に禁煙に取り組みたいなと甘く考えてます。
[PR]
by boy0202 | 2009-04-07 02:01

雪を求め行ってきました

旅先での禁煙の誓いの前に、まずは今年最後であろう、boyにとっては2度目の雪遊びの模様を・・・

前回の雪遊びに見たboyの喜んだ姿を、雪がなくなる前にもう一度見たくて、出不精の我が家の中でも(って2名しかいないじゃん)とくに腰の重いオット発案で急遽出かけることになったのです。

e0130299_23275336.jpg

まだまだありましたね、雪が。それも平日なのでどなたもおりません。

e0130299_23293754.jpg

e0130299_23324140.jpg

e0130299_2335452.jpg

e0130299_2336937.jpg

登っては、全速力で降りたり、ちょっと目を離していたら、動物か人間かは判断不能のブツに頭を擦りつけたり・・・ギョギョオエ===っとなりましたが、ブツもカチンコチンの冷凍状態を保っていたため、臭いなし。
boy、残念だったな!
e0130299_2343442.jpg

わたしとしてはこんな耳の時は可愛いとおもう。実に楽しそうだ、遠くまで来て正解だったと感じる一瞬
e0130299_2346435.jpg

お天気にも恵まれ、まぁたくさん歩きました。

ココを後にし、お宿のゆったりお風呂にたっぷり浸かり、美味しい日本酒とこれまた旨いお肉を食し、早起きと
遊び疲れと、そしてお酒も手伝い、わたしは9時過ぎにはウトウトしだしました。

眠りについて小一時間ほど過ぎたころ、わが身にとんでもない災いが降りかかるなんて・・・・

今はこうして日記書いてますから、心配しないでね!
[PR]
by boy0202 | 2009-04-07 00:01 | 旅行

禁煙を誓う

e0130299_0594277.jpg

boyのため、雪を求めて出かけた深夜、我が身に降りかかった災難に禁煙を誓った飼い主(お酒は含まれません)かくして雪国での滞在は予定を大幅に超過し、周りに迷惑とご心配をかけ通しの旅になってしまったのでした。つづく・・・・・
[PR]
by boy0202 | 2009-04-06 00:59