12年ぶりの仔育て記憶は薄らぎ・・・そんなある日、ちいさなお姉さんがやってきました


by boy0202
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

<   2008年 06月 ( 8 )   > この月の画像一覧

なんだかなぁ~

坊主、この19日で7カ月が過ぎました。そろそろウチの犬になって5カ月にです。
身体もぐんぐん大きくなって、止まることをしりません。最近ではオチビのマイロくん相手より、身体に比例した大きな友だちとの遊びの方が楽しそうです。
マイロくんとのクンズホグレズの最中でも大型軍団の姿を見つけるとマイロくんを放ったらかし、軍団に入り浸ってます。突然訳もわからず残されたマイロは遠くからその姿を見つめています。(boy、犬でよかったよ。人間だったらとっくに嫌われてます。マイロごめんよ、許せ青二才を)

さて、寝込むようになってひと月半にもなってしまったチコは、とうとう恐れていた床ずれが右肩にできてしまった。床ずれを心配し、一日に少なくても2回は身体の向きを変えていたのに。
寝床も、スポンジに水を張ったクールベットなのに。やっぱり寝込むってことは、血液の循環も悪くなるんだね。床ずれが治るまでは(先生曰く、床ずれは中々完治しないらしい)向きを変えられないから、今度は左側が心配。


e0130299_064194.jpg

脂肪がなくなり、元々少なかった筋肉もなくなり浮き出た骨の上に床ずれ箇所あり。

e0130299_01274.jpg

身体に合ったシャツが来ました。しかし、ゴルとはいえ7カ月にXLLとは・・・・相変わらずふてぶてしい顔じゃ。
お願いだからStopしてください!
[PR]
by boy0202 | 2008-06-27 00:27 | チコ&boy&うーたん
8才のオスのゴールデン、今年10月には9才になるKくんに会ってきた。目の周りに白い部分が目立つ、大きくて丸っこい目と顔の可愛い男の子。
飼い主自身の病気や、年老いた母親のこと、そして忙しい仕事のことなど、この先を考えてKくんを手放すという。

人間の事情など何も知らないで、飼い主に甘える姿をみて飼い主にもう一度聞いてみた。「気持ちは固まっています」  手放すって決めるまで相当な時間がかかったのだろう。そう願う。

これまで、放棄された犬たちとたくさん会ってきた。愛情の欠片さえ残っていない飼い主から「もういらなくなったから、大きくなって邪魔だから、子供が生まれたからと・・・よくもまぁ勝手な言い分を受け連れてきたものだ。
犬は、どんな飼い主だったとしても飼い主が好きなんだとおもう。わたしがいくらその人間のことを悪く言ったとしても嫌いになんてならない。

別れがすぐ目の前まで来ていることを知らず、飼い主に甘える犬。
側でいびきをかいて眠り込んでいるチコを捨てた人間、今もこうして生きていること知らんよなぁ。

[PR]
by boy0202 | 2008-06-25 01:32 | hitorigoto
e0130299_2332435.jpgお天気が良い日は、洗濯に励みます。ありったけのカラーとリードが清潔になりました。
ここに並んでいるリードやカラーは全ていただきモノで、その上その殆どが手作りです。
こうして勢ぞろいさせてみると、たくさん作ってもらっていたんだね。Cちゃん、ありがとう。

そろそろboyにスポの首輪をしてよい頃だなぁ~って装着してみたところ、キツイんですよ、これが。なにしろ頭がでかいんです。かなりショックです。こんなにたくさんあるっていうのにですよ。悲しいです。Tシャツもボレロ状態だったんだから仕方ないよね。しっかし~不経済なガキだわ。

e0130299_23475333.jpgこちらの可愛いピンク系はチコに作っていただいたカラーとリードです。もともと力のないチコのためにと、リードはとっても軽い素材で作られてます。
可愛いカラーの出番もなくなってしまいました。

いや~考えてみると我が家ってカラーとリード買ったことないかも(笑)この点は経済的ですね。






e0130299_23552334.jpg


さて、こちらの食器はかなりの便利品です。寝たきりの犬が食べやすいように手前が浅くなっているんです。犬にも介護用品が増えているんですね。
飼い主が持ちやすいように取っ手付きってトコがミソです。一緒に買ったスプーンもやわらか素材で、口に入れてもチコ少しもびっくりしません。
歩行補助ベストといい、わたしはこの手の便利モノが存在することさえ知らない飼い主でした。
全てカラー製作者からの情報で知りました。ありがとう、チコも食べやすいし、飼い主もラクチンですよ~。
[PR]
by boy0202 | 2008-06-17 00:13 | hitorigoto

6月のビブリ チコ編

もしかしたら?と通院中のチコも連れてビブリへ行きました。でもやっぱり無理でした。此処が大好きな場所だということも、たぶん理解していなかったのかもしれません。ビブリでの3日間はほとんど目を閉じ、テントの中のコットの上で寝てました。外に出て、地面の草に触れさせたら5月にいっぱい歩いた足が憶えているかもしれない。思い出して少しでも歩いてくれるかも?って連れ出してみましたが、歩けませんでした。元気のない子にカメラを向けるのは辛いものです。なので、今回のチコの画像は草の上で寝ている3枚だけです。

e0130299_23481074.jpg



e0130299_23483714.jpg

ビブリ滞在中はまだ先生から食事のOKが出ていなくて可哀相でしたが、キャンプ最後の日の排便の様子を報告したところ、少しならばとお許しがでました。待ちにまった固形物の食餌です。とても旺盛に食べてくれています。

e0130299_011027.jpg

キャンプ最後の日、リプルくんとクロエちゃん(黒枝ちゃん?)がビブリ入りしました。
到着直後はひとしきり走り回って疲れさせ満足させ(笑)
e0130299_062330.jpg

大小で同じ方角見ています。

お天気にも恵まれ、静かで爽やかなキャンプを過ごしました。チコのことは残念でしたが、連れて来られてよかったとおもっています。
[PR]
by boy0202 | 2008-06-11 00:16 | 遊び
5月から比べると、ひと月しか経っていないというのに気温は高く、しかしそこは高地のビブリ、梅雨の晴れ間は空気も爽やかですがすがしい。こんな好天ならばお腹の冷えの心配もなかろうと、心配症Bの賛成を得て、まだ見ぬ未開の場所へと足を踏み入れたのでした。

e0130299_2381814.jpg

飼い主にとってもかなり遠ざかっていた場所、地形の変貌ぶりに長靴で来ればよかったと危なっかしぃ足取りで、ヌルヌルの足場を頼りに小さな中州に辿り着く。
boyはというと、水の流れが珍しいのと、初めてのことには意外と慎重な性格のためゆっくりとBの後へ続き入水開始。

e0130299_23241547.jpg

しばらくは水の感触を確かめつつさらに確認しつつ浸かっているばかりなので、何か泳ぎのきっかけを作ってあげようと、石を投げて注意を引いてみた。
飼い主の思惑通り、実に簡単に石が落ちた場所へと近づく。
ここから先はいきなり深いのです。あれれ~ってな顔してましたが、慌てることもなくそして石を見つけられずUターン。(水に浮くオモチャを忘れたことを後悔。そりゃ石じゃ見失うわさ)

e0130299_23303062.jpg

小枝はどうかな?これなら浮くしね。しかし、小枝の速さについて行けず一メートルほど泳いで再度Uターン。生まれて初めての水泳の真似事、嫌そうでもなしだが、大好き~ってことでもない雰囲気。まっいいか!おいおい楽しくなればいいさ。初にしてはよし!ってことで。

ビブリブログはもう少し続きます。
[PR]
by boy0202 | 2008-06-10 00:04 | 遊び

6月のビブリ 再会編

キャンプ初日はひたすらテント設営と無駄な行動で日が暮れたようです。ビブリ歴は長いほうだが、未だひとりでの設営とランタンに火を灯すこともまともにできないのです(そもそも憶えようとする意欲がまったくないというのが正直なところですね)男手の必要性を改めて感じたのでした。

e0130299_152093.jpgひと月ぶりの再開、挨拶もそこそこに終わりのない遊びに興じる男2頭。(お相手はバロンくん)











e0130299_1523635.jpg
バロンくんを押し倒そうと何度も応戦するが、今回も下の位置から抜け出せず。











e0130299_1542678.jpg
最後はこの体勢に辿り着くのです。そしてこの体勢のまま体力の回復を待つのであります。











e0130299_15155728.jpg

疲れ知らずのスタミナも持ち主バロンくんに、boy、回復が追いつかず、バロンパパの元に非難。ここでしばし充電。そして充電もそこそこに先輩バロンから何度目かのお誘いが・・・まったく付き合いのいい奴なのであります。

続きは初水泳の巻き
[PR]
by boy0202 | 2008-06-09 15:31 | 遊び

6月のビブリ

e0130299_0474116.jpg

今シーズン2度目のキャンプは、男性陣不在の犬4頭、女性1名、おばさん1名で行ってまいりました。と、いうのは正確ではありませんで、おじさん1名は翌日のんびりな電車の旅で現地入りしたのであります。
おばさんはビブリに来るとやけに起床時間が早いのです。5時には目が覚めますが、あまりにも早くからゴソゴソしますと、ご迷惑なので30分ほどぬくぬくしながらその時を待ちます。この日も5時30分起床、坊主は犬気のない草原をただただ狂ったように円を描きながら走り回るのでした。


e0130299_134138.jpg

さて参加犬を画像とともに紹介します。今回は前回の反省を踏まえ、不精な飼い主にしてはカメラを酷使し、たくさんの画像を残しました。

でしゃばって前列で大きく写っていますのがboy、今月の19日で7か月になります。
顔がフレームアウトしてしまったシェン(ごめんよ~)。シェンはとっても器量良しさん。スポが好いたのもわかる気がする(犬にも面食いはいるようだ・・・ウソ)そして遠慮がちに後方でまどろんでいる老齢にして凄腕のデカ、ごー刑事。別名 すっぽんデカ(爆)その仕事ぶり、若いモンには大いに見習っていただきたい。そんなすっぽんデカも最近ウトウトしている時間が多いようだ。犬の社会は定年がありませんので、もしやすっぽん 肩たたきにあったのかもしれません。だとしたら実に寂しい限りです。
boyの場所にはいつもスポがいたね。こうして坊主とも仲良くしてくれて本当に嬉しいよ。

e0130299_1371015.jpg


さて、こちらはシェン お留守番の図です。このお二人さんの距離にご注目。


e0130299_1395032.jpg


いつの間にかお尻がくっついています。シェンたら密着されているのは知ってるけど、そんなことはどうでもいいわ!って様子で、見つめている先は飼い主の消えた方角。

この密着、どちらが擦り寄って行ったのかは一目瞭然ではあります。

e0130299_1483189.jpgこちらは生まれて初めて洋服なるモノを身に着けられ、かなり困惑している図です。未だ成長段階のため、専用の服は買ってもらえず、スポのお古を着てもらおうと、もしかしたら少し大きいかな~?などと予想していたら、パツパツのボレロ状態。boy改めボレロでもいいかも(笑)






e0130299_1544017.jpg


さて、しんがりに控えしは。爺婆の昼寝の図であります。チコに寄り添うように眠るジジの安心した背中。


画像の続きは後半へ
[PR]
by boy0202 | 2008-06-09 01:58 | 遊び

一進一退

e0130299_17135117.jpg


横になってばかりでは辛かろうとパラマウントベッドにしてみました(笑)
最近はチコの方からこの体勢を要求したりして。
良くなったかな?と安心したり、しかし翌日はまた元に戻ったりの毎日です。
若いときのようにはいきませんね。
丈夫で自慢だった腸の働きも弱っています。それでも今日はなんだか良く動いて元気にみえます。
そしてそしてわたしがする点滴は何度しても一向に上手になりません。
(何度も刺してごめん!)

e0130299_17172660.jpg


さてさてこちらはすっかり大きくなってしまいました。一応パピー期なんですがね。

☆ チコに応援のコメントありがとうございます。なるべく早くお返事書きますね。
[PR]
by boy0202 | 2008-06-03 17:29 | チコ&boy&うーたん