「ほっ」と。キャンペーン

12年ぶりの仔育て記憶は薄らぎ・・・そんなある日、ちいさなお姉さんがやってきました


by boy0202
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

<   2008年 05月 ( 6 )   > この月の画像一覧

キャンプのチコ編に続き、お次はboy編へ入ろうとした直後に、チコの体調がおもわしくなくなってきてしまいました。
数少ないブログ訪問者の方々からも、日記がとどこうっているのを心配してメールをいただいていますので、この場をお借りして今しばらくのタイムのお知らせです。ご心配をおかけしてすみません。そしてありがとうございます。
必ずやチコの復活をブログにてご報告したいとおもいます。


e0130299_23215015.jpg


        復活してもう一度ビブリで歩き回るぞ~!
[PR]
by boy0202 | 2008-05-25 23:33

ビブリ*チコ編

今年初のキャンプを前に、ここ最近精彩に欠けるチコを連れて行ってよいものか?無理をさせないでゆっくりとお留守番していてもらおうか?と悩んでいたところ、ちーちゃん(紛らわしいですが、こちらは人間の方です)からの頼もしい後押しもあり、同行することに相成りました。チコもかなりのお年です。今年に入ってからというものは、我が家に来て一年半 一度も壊したことのないお腹の調子も不安定になったり、足の衰えも進んだり、その中でも一番変化してきたきたのは体重の激減です。食欲はあるものの20キロそこそこになってきました。まさしく骨皮筋エ門、小さかった顔も一回りまた小さくなりました。

e0130299_11555352.jpg

知っているのですチコは。この方が自分のお世話係りと専属スタイリストだってことを。
今回は真っ赤なフリース(happy dog go ブランド)






e0130299_11585191.jpg

心配無用!歩く歩く。あっちへフラフラ、こっちへスタスタ。ビブリ内の傾斜面が勝手に歩かせてくれてるみたい(笑)省エネ歩行で楽っくらく。
[PR]
by boy0202 | 2008-05-15 12:18 | 遊び
子ども連れのキャンプで、ひと時も目が離せない飼い主は(特にA)、ビブリ滞在中一度もカメラに触れることなく終了。コマめに愛犬にレンズを向け、また我が坊主までも写してくださる方がいるというのに・・・・年をとっても余裕の無さは相変わらずな飼い主だ。でもね、正直自分が写したヘタな写真をみるより、よそ様に撮っていただいた写真がすきです。こんなアングルもありなのね~とか、自分では絶対に撮れない坊主の生き生きとした動きに、中々可愛く撮れてるじゃん。などと、写すのは下手くそのくせして能書きだけは。。。。

実は、来るキャンプシーズンを前に、我が家に迎えてひと月あまりに学習したであろう成果を見てやろうではないかと、ノアトロ家ご推薦の森の牧場キャンプ場へディキャンプに出かけていたのであります。
今回の一番の目的は、初対面の犬との遭遇時の対応である。これがクリアしなければ、ビブリでの楽しみも半減するというのが我が家の持論でもあるのです。
e0130299_0493045.jpg

キャンプ場内にある広いドッグランにてGoodな場面に遭遇。子犬たちを連れた母犬がいた。
どうやら、この母犬 少し気が強いようです。飼い主の緊張した様子からの勝手な判断ではあるが。
少々気にはなったが、可愛い子には旅を・・・の気持ちで遠くから見守る。
boyはといえば、心配をよそにこの母犬の後に引っ付き虫。
e0130299_0495544.jpg

とはいえ、そこは子ども、子どもはこども同士がいいみたいです。
e0130299_0513828.jpg

っておもってたら、コレの方がもっとスキみたい。いただき~!ほなさいなら~。
[PR]
by boy0202 | 2008-05-14 00:54 | 遊び
本来ならば喪に服し、ブログなんて書くのはどうなのよ!って言われそうではあるが、あまり間を置くと楽しさも記憶もはるか彼方へ飛んでしまいそうなので、鮮明なうちに書くことにしよう。
人間と、そして大人の犬と行くには慣れきったキャンプではあるが、数十年の犬との暮らしの中で、5カ月余りのこども犬とのテント生活はまったくの未経験者である。はてさて、この子ども犬がどんな行動を見せてくれるのか大いに楽しみな初キャンプにレッツラ!ゴー~。


e0130299_2363263.jpgついこの間までちびっ子だとおもっていたブランの誘いにノリノリな子ども(白いのがboy)
しかし、この白いのどうみても子犬には見えん







e0130299_23113555.jpg
こんな遊びが最高なんだな、この月齢って。










e0130299_23163552.jpg

boyの耳が全てを物語っている。楽しくって嬉しくって仕方ないミミです
(この3枚の画像はブランの飼い主さんから送ってもらったもの。実は飼い主A、キャンプ期間中一度もカメラに触れずなのでした)


続きは後ほど
[PR]
by boy0202 | 2008-05-11 23:37 | 遊び
連休の後半をboyとの初キャンプに出かけ、帰宅した翌日の深夜、義母の入院先より連絡が入る。容態がかなり危険らしいと。既に眠りこけていた義父とダンナを起こし病院へ向かったのでした。母の血圧はかなり低く、身体も冷たく。わたしは母の顔と点滅してる血圧の緑色の数字ばかりみていました。その時わたしの頭に浮かんでいたのは、正直申しまして昨年の秋に亡くなったスポの苦しげな最後の姿なのですから・・・・嫁として、そして人間としてどうなんでしょう?わたしって。お義父さん、息子さんごめんなさい、こんな嫁で。
昨年の11月末に自宅にて脳梗塞で倒れ、救急車で搬送され6カ月の入院の末 母は静かに息をひきとりました。
私も、ひとり息子のダンナも肉親との別れは初めてのことでしたが、この半年の時間の中で、もしも?の時のシュミレーションは話し合ってはいました、とは言えひとり息子のダンナがその時を迎えさて?落ち着いて行動できるのだろうか?こんな時はかみさんがしっかり支えてあげねば。と考えていたのでしたが、意外や意外ひとり息子さんたら実に冷静で沈着な行動なのであります。常日頃ひとり息子を心配(この年になっても親から見ればいつまでも子供なんですな)していた感のあるお義父さんもテキパキ行動する息子を見て見る目も変わったであろう。

こんな頼りがいのある息子に成長した姿を、あの世で母もみていることだろう。


e0130299_0283857.jpg


住む場所は違うとおもうけど(たぶん?)ばぁちゃんをよろしく頼んだよスポ!ホピンは愛想ないからあんたが頼りよ。
[PR]
by boy0202 | 2008-05-09 23:27 | hitorigoto

満足みたい

生後5カ月が過ぎ、体重も24キロ、仕草はまだまだ子犬ですが、ちょっと小さなゴルって感じです。最近ではマイロくんや、はなちゃんを探しながらの散歩から卒業して、犬らしく基本の散歩に移行しつつあります。boy、こんな基本散歩に満足しているみたい。大人になってきたのかも?最近、地面を嗅ぎたいようでスキあらば頭が地面を擦っています。イカンいかんなぁ。そろそろ本格的に散歩の極意とやらを知ってもらわなければならんな。
明日からboyとの初キャンプ、果たしてテントで静かに寝てくれるだろうか?


e0130299_2351251.jpg


ロングリードを付けて、呼び戻しの練習。暑くてベロ丸出し。
[PR]
by boy0202 | 2008-05-02 23:09 | 仔育て