「ほっ」と。キャンペーン

12年ぶりの仔育て記憶は薄らぎ・・・そんなある日、ちいさなお姉さんがやってきました


by boy0202
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

<   2008年 04月 ( 11 )   > この月の画像一覧

ぼたん

朝の散歩の帰り道、実家のすぐ側を通って帰るだが、近いというのにほとんど立ち寄らず、素通りばかりの親不孝なわたし。高齢であまり体調も良くなく、病院通いも妹にまかせっきり。妹にはほんと申し訳なく感じてます。感謝してるんです。
今朝もチラッとガレージの入り口に目をやるだけで、いつものように素通りをしようとしていたら、母の姿がチラッと見えた。
スポが亡くなり、新しく迎えたboyにも会わせていなかったんだ。会ってもらわなかったのには特別理由はなかったのだが、たぶん母の世話を妹ばかりに任せ、子犬を迎えたことに少しばかり後ろめたさがあったのかもしれない。

母の姿を追い、駐車場から庭へと入り、boyに会わせた。
母は少し驚いていたが、boyに「可愛いいねぇ、何もあげるモノがないのよ。ごめんね」・・・・この言葉何度聞いたことか。
スポやホピにも同じこと言ってた。
どんなに重い物でも諦めず、家まで持ち帰ったホピのりんごを咥えた姿を思いだします。
母もそんなホピのことを知っていたので、紙袋に入れたりんごをよく持たせてくれたっけ。

庭に目をやると大きな牡丹の花がたくさん咲いていた。牡丹は雨で傷まないようにビニールの傘をさしていた。

e0130299_23523372.jpg
牡丹ってこんなに大きかった?近くで見ると怖いぐらい大きな花です。ひとしきりboyも見上げていました。

母と妹は花を育てるのが実に上手です。四季を通して庭には花が咲いてます。
同じ母から生まれたのに、枯らすのが得意なわたしです。

e0130299_23554237.jpge0130299_23561468.jpg
[PR]
by boy0202 | 2008-04-28 23:11 | hitorigoto

ちょっとウルってした日

昨日の東京の天気っていやに目まぐるしくありませんでしたか?まぁ、東京っていっても東西に長いわけでして、東側に位置する我が家近辺だけだったのかもしれませんが・・・・この日は早朝6時に起床、予報では曇りで雨の心配も夕方もしかしたらパラっと降るかも?(もしかしたら降らない確立高しなどと言ってたような)ぐらいなラフな予報にすっかり騙され、シャッター開けたらどしゃぶりんこ、ザーザー。7時には出かけるので、まだ車酔いに一抹の不安ありのboyの食餌は抜きで、なにはともあれ大きい方のトイレ済ますべくザーザーの中連れ出すが、しないんです。寒いし、濡れるし、このまま車に乗せれば車中で間違いなくもよおすでしょう。これまでの経験からもこの予想は的中するんです。
(あぁ~ぁ、また室内でしなくなったことの原因を思いだし、早朝から外のみのトイレを刷り込んだBに嫌味タラタラなAなのであります)

大のもよおす気配すらありません。時間も迫ってます。こうなったら仕方ありません、車中でどうぞどうぞ。といいながら、そして土砂降りがいつまで続くのかと考えると、途端に出かける気持ちも失せ始め、挙句の果てが天気予報士(NHK)に怒りの矛先が。こうなりますと夫婦の間もピリピリムード。あぁ~気分乗らん、こんな気持ってboyにもうつるんだろうな~。

ブスッとしながらも目的地まで約40分、boy予想が外れてお漏らしなしのまま無事到着。嬉しい誤算に雨も忘れて少々やる気モードに移行(ほんと!単純なA困った大人です)

実は、恥ずかしながら素人ハンドラーでの出陣デビューの日なのでありました。


e0130299_0304011.jpgもたもたなハンドラー相手によくぞ走ってくれました。あなたは気がつかなかったとおもうけど、ジャッジに呼ばれ前に進み出たとき実は少しウルッときてたのよ。boyありがと。
[PR]
by boy0202 | 2008-04-27 23:37 | hitorigoto

一週間のできごと

boyが悪童から犬になりつつあります。肉体的には乳歯から永久歯へと日々変貌しています。ピッカピカの新品の歯が出てきています。これで少しはムズムズも収まれば結構だけど。
犬へと変わってきたことで、飼い主の言葉を理解できるようになってきたようです、「スティ!」を理解し、入れ食い状態ともおさらばし、三度の食餌風景に少しばかりではあるが品格さえ漂ってきています。まっ、コレに関しては飼い主の個人的主観ではありますが・・・現時点で飼い主が切望していた幾つかをクリアしているようです。ただひとつ室内でのトイレを除いてですが。しつけや決まりごとで(いけないことや、やって欲しいこと)飼い主にはそれぞれ考えがあるようで、室内トイレに関しても意見の相違がみられます(苦笑)

e0130299_1154691.jpgハウスから出ればオモチャで遊ぶか、チコにしつこくするか、はたまた飼い主のたくましい二の腕にかぶり
つくかだった悪童が、こうして犬らしくウトウトもするように・・・・












e0130299_1213014.jpgチコはいえば、円で囲ってある場所にスッポリはまりました。お天気の良い午前中、ここに出ていることが多いのですが、きっと動いたんでしょうね、落ちてました。切った尖った枝も出ている場所ですが、小さなチコのお尻は幸いにも無傷でした。落ちた弾みでウ●チも一緒に落ちてました。笑えないできごとですが、落ちていたモノをみて笑いが止まらず。。。。(今後気をつけます)






e0130299_12154357.jpg最後は大好きな旬の竹の子です。木の芽の匂いが春だなぁ~あぁ~いい香り~
[PR]
by boy0202 | 2008-04-25 12:31

イヤなの?

我が生涯のラスト犬になるであろうboyを迎えるにあたり、過去の反省点を踏まえboyには室内でのトイレを習得してもらいたいと日々頑張ってきたつもりだが・・・・ここ一週間まったくしません。する気配さえありません。と、いうよりも「ここではしたくない!こんなところでするくらいならガマンするもんね」とは考えてはいないとおもいますが(笑)こうなるとこちらも負けるわけにはいきません。ガマンって言ったってそこは子犬です、限界がくれば意地も張ってられんでしょ。もうこうなると室内ならばどこでもお好きな場所でどうぞの心境です。いいから早くしなさい!外は諦めなさい!(こころの叫び)トイレシートの上にのると、すかさずワンツーワンツーの連呼。このコマンド習得したはずだが・・・・・知らんぷりです。その直後、しま●らのお昼ねパッドの上をトイレにしてくれました。室内でしてくれの我が胸の内を察したようです(トホホ)確かに室内には違いない!

e0130299_1103190.jpgあなたが外好きになったのはわかるような気がしますが、お願いだからしましょうね。わからんとおもうけど、それがあなたのためでもあるのよ。って飼い主のため?
今もしたいはずだとおもうけど、シートに近づくことさえいたしません(このっー!意地っ張りめがぁ~)

[PR]
by boy0202 | 2008-04-18 11:19 | 仔育て

目覚めてきたようです

子供の自己主張に本気で怒る飼い主。怒った後からくる自己嫌悪。人間の子供だったら不良になるな、きっと!尊敬なんてしてもらえないな。
わかってはいるのだが・・・・たまに生き抜きもしたいな。boyのことをすっかり忘れて


e0130299_14285652.jpg
そんなこといいながらboyとの散歩は実に楽しい。小枝をかじるしぐさや










e0130299_14321951.jpg

名前を呼ぶとじっと見つめる目














e0130299_1435422.jpg

そして目的もなく、ただただひたすら歩く
[PR]
by boy0202 | 2008-04-15 14:38 | hitorigoto

目方は同じです

boyの体重が今夜でチコとほぼ同等です。見た目だけではわからないもんですね、お二人さんの重さが一緒とは・・・明らかに身体の大きさではチコが勝ってるのに


e0130299_13382191.jpg22.5キロのチコとチビ    14~5才ともうすぐ5カ月 この年齢、どちらも手がかかるものです













e0130299_13425664.jpg
乱暴はしなくなりましたが、どうしてもチコより上にいたいようです。重さは一緒でもオツムの中はガキってことです










e0130299_1351116.jpg
やっぱり前に出てきます。身体の大きさはチビのくせして重さが一緒とは?つめ放題のジャガイモやみかんみたいです











e0130299_1402032.jpg
久々の晴れ間にうっとうしい鎧を外して風にあたろうね。これからのことを考え、先週チコは初めてマルガリータになりました。
毛が無くなってみると、たるみや骨が目立ちますが、シミ1つないきれいな地肌です。
[PR]
by boy0202 | 2008-04-14 23:17 | 仔育て

ワンランク上にお引越し

身体の成長も著しくこれまでのバリでは窮屈そうになってきたし、成長とともに膀胱も大きくなってきたようなので、広い部屋へ引越しです。
始めは、これまでと同じくバリの部屋の扉は開放したままにして、その前に万が一のためのトイレスペース及び、食餌場所&眠る場所その2を確保してみましたが、昨晩 引越し早々boyのもの凄い悲鳴とともに、こちらのリビングスペースは取り壊すことにしました。リビングスペースのサークル接合部分にパッドを挟みました。こんな悲鳴、先住犬も出したことありません。広いバリの扉を閉めてもおとなしく寝てくれる、boyの長所と言えるでしょう。


あまりにも大きくて廃棄するのも面倒だった超特大のバリ。300号のバリの可愛いこと。
e0130299_10502335.jpg
e0130299_1051870.jpg
[PR]
by boy0202 | 2008-04-10 10:55 | 仔育て

懐かしい商店街

チコばぁちゃんは在宅療養ですが、我が家には本家本元のばぁちゃんもいます。こちらのばぁちゃんは長い入院生活を送っているのですが、この入院先の病院、わたし(飼い主A)が通っていた小学校の前にあります。入院先は救急で運ばれた病院なので、しばらくはすぐ前にあるその学校が自分が通っていた小学校だとは気づかずにいたんです。

学校も、その近くの商店街ももの凄く懐かしい。この奥に夢中で遊んだウンテイがあるのよね。

真ん中の写真は「マリヤ」っていうおもちゃ屋さん。
お年玉を握ってここに行くのがお正月の楽しみだったなぁ。シャッターが閉まったままのお店の多い中、マリヤ健在に拍手
e0130299_10234619.jpg
e0130299_1024440.jpg

e0130299_1026374.jpg
[PR]
by boy0202 | 2008-04-09 10:08

何!これっ?

e0130299_957491.jpg
たぶんひと月前ぐらいから、なんだろう、これ?????っておもっていた前足の一部分、毛が擦れたようにはげているんです。まぁ、始めは擦れた部分も小さかったのであまり気にもしないで忘れていたんですが・・・・
しかし次に気づいたとき、擦れは両前足に、それもほぼ同じ場所がバリカンで刈取ったかのように皮膚が見えるぐらいに擦れてる。(それにしても下手くそな刈りかたです)
うーーむ、もしかしたら我が家に来たときからだったのかなぁ?小さかったんで気がつかなくて、手も大きくなってきたんで気がついたのかなぁ?それとも生まれ故郷で識別のためのお印なのか?いや、お印ならミミの裏にあるしなぁ~
このときは一応この考えに落ち着いていたのです。今にして考えてみますと、ほんとアホな飼い主です。この刈りかた、その箇所から推理するとこれは自分でむしり取っている。現場は押さえていないがほぼ間違いない!
ここにたどり着くまでの推理の過程。
食餌の荒っぽさ→汁気が飛ぶ→飛沫した汁気がその部分につく→食後の楽しみにと暇にまかせては舐める→理性では抑えることが当然できないわけで、舐めるだけでは飽き足らず食べる→剥げる   解決策としては、身体も大きくなってきたのでフード入れを床置きから台に乗せ、食後のお手拭&消臭厳守  被害が続かないことを願う

e0130299_9554785.jpg
e0130299_956166.jpg

[PR]
by boy0202 | 2008-04-05 09:18 | 仔育て
膀胱炎発症と前後してチコの足が衰退の一途をたどっていることは、先日の日記でも書いてきましたが、とうとう自力では立ち上がれなくなり、補助なしでは立っていることも、歩くこともできなくなってきました。もともと後ろ足に不安がある子ではありましたが、老いというのはこうも突然にやってくるものなのでしょうか。

e0130299_23222083.jpg

しばらくは心配でboyとの距離を置いていましたが、最近ではこんな様子が多くなってきたように感じます
外での遊びから、老いて弱った子に乱暴はいけないことって学習してくれたのか?(そんな訳ないな!)


e0130299_23371652.jpg

4月1日・生後135日・体重20.2キロ 大きくなりました、身体だけは一人前です。しかし 成長は体重だけで、悩み多し飼い主
e0130299_2327811.jpgとても良い子に見えなくもありませんが、ただ眠いのかもしれません。その証拠に顔に霧がかかっています(笑)
[PR]
by boy0202 | 2008-04-02 23:48 | 仔育て