12年ぶりの仔育て記憶は薄らぎ・・・そんなある日、ちいさなお姉さんがやってきました


by boy0202
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ:hitorigoto( 27 )

e0130299_23301731.jpg


あたしもココで昼寝したい。

e0130299_2348585.jpg


眠たいのにどうしても出かけなくちゃならない時。


ボーイかターシャかうーたんかみいたの誰かになりたい。


そして、欲しいモノ。


カメラが壊れた!携帯のカメラには限界あるし。








e0130299_2354550.jpg

e0130299_23542644.jpg

[PR]
by boy0202 | 2011-01-14 23:57 | hitorigoto

すてるの好きです。

夏モノがやっと片付きました。

ぐーたら性格ゆえ、気になりながらも一向に気分がのりません。

しかし、気になりだすと夜中だろうが重たい家具なんかも移動しちゃったり。

幾つになってもこの気性ってなおりませんね。

そろそろ身辺を小ざっぱりして暮らしたい。

くだらないモノを増やさない。

どんなに安いからって、身に着けるモノは買わない!

着るものなんて捨てるほどあるんだし。

なのに、今年も捨てたな。


「シンプルライフはまず捨てることから」


もともと、モノへの執着が薄ーい人間だから、捨てるのはお得意だし。


ならばシンプルライフへの道もそう遠くでもあるまい。



e0130299_14283968.jpg

[PR]
by boy0202 | 2010-12-04 14:30 | hitorigoto

ムスカリ

別名 グレープヒヤシンスとよばれるムスカリですが、

その花言葉は、失望・失意・絶望という意味と、通じ合う心・寛大な愛など。

良い意味と縁起でもない二通りの花言葉があるそうです。

それでも、グレープヒヤシンスと言われるようにお花の形はツブツブの小さなぶどうの房のようで、なんとも可愛らしいです。


e0130299_22471928.jpg


いつもの散歩道に、ある日 突然 姿を見せてくれました。


こちらさんは毎度ムシャついています(T_T)

e0130299_22584481.jpg

[PR]
by boy0202 | 2010-03-31 22:59 | hitorigoto

嬉しい知らせ

高齢に加え、尻尾の障害から排泄の前後に手のかかる保護犬。その上ラブという大型犬に声がかかるのはとても難しいことです。

そんなベアーに新しい家族ができました。と預かりの方から連絡がありました。

ベアーちゃん、預かりさんのお家での生活も7か月になります。

まったく機能しなくなってしまった尻尾。ラブの魅力のひとつでもある、オッターテール。

ベアーちゃん、待ってた甲斐がありましたね。とっても嬉しい知らせでした。


ベアーの嬉しい知らせを聞いて、7年前に我が家で預かっていたジャスミンを思い出しました。

e0130299_21523540.jpg


ジャスは8年前、雪国にあった「わんわんパーク」の経営破たんで保護された200頭の内の一頭でした。

幸いにもジャスには虐待などの様子は見受けられなかったものの、パークの展示犬として狭いガラスケース内で保護されるまで暮らしていました。

いつも人間の目に晒され、ガラスケースの狭い世界が彼女の全てだったのかとおもうと、なんとも悲しくなります。

ジャスミンも8歳でやっと自由を取り戻しましたが、その後に大きな腫瘍が3か所みつかり、何回かの手術のを経て、また預かり宅も数回変わり、最後に我が家にきました。

ジャスにご縁があったのは、保護後一年も後でしたが、ジャスにとっても迎えてくださったご家族にとっても、それはそれは幸せな4年間だったと感じています。

ベアーちゃん、これからは愛情独り占めにしてください。

嬉しいご報告をありがとう。ベアーちゃんのお世話、本当に本当にご苦労さまでした。
[PR]
by boy0202 | 2010-03-21 22:19 | hitorigoto

掃除機

10年モノの掃除機が壊れた。

電化製品のモチがすこぶる抜群な我が家、壊れて買い替えるということはかなりの珍事です。

暫くは、◎イ◎ソンを使ってはいたが、こちらの掃除機ってやっぱりフラットな床には使い心地が悪いったら。

カーペットには抜群の力を見せつけてくれるのに。

10年も経てば、紙パック方式なんて少ないんだ。その殆どがサイクロン方式。

空気の汚れも少ないし、吸引力も落ちない!(ほんとか?)

サイクロン方式はやっぱり気持ちよい!吸い込んだ犬毛の確認もこれまた楽し




さて、酵素液のこんな使い方をお友だちのブログで知りました。

e0130299_22291650.jpg



冷凍肉の解凍に使うんだそうです。

実は、犬ご飯に使う肉の解凍って、少なからずめんどくさいって感じていたのです。

こうして、酵素液に一晩漬けて。
[PR]
by boy0202 | 2010-02-19 22:39 | hitorigoto

アドバルーン

信号でとまっていた横に懐かしい大きな球体を積んだトラックが止まりました。

アドバルーンです。それも2体(ツ?個?)

昔、むかし、子どもの頃、主にデパートの屋上でゆらゆら揺れていた大きな球体です。

そういえば、ヘリコプターからビラ(今でいったら宣伝チラシ)もまいてたっけ。

子どもは空から降ってくるビラを追いかけて走っていたな~。もちろんわたしも追いかけた記憶がある。

高いビルが増えて、あの頃あんなに高く感じたアドバルーンだったけど、今じゃみえないだろうし、こうビルばかりで宣伝効果あるのかな?

ヘリコプターからのビラも所詮ゴミになって環境によろしくないんだろうし、それよりもみんな足元ばかり見てて、

空なんて見上げる人もいないだろうし。

空にゃおおきなぁアドバル~ン♪ こんな歌詞の歌謡曲あったな。

くだらないこと思い出していたら、いつの間にか目的地に着いてた。
[PR]
by boy0202 | 2009-12-16 00:41 | hitorigoto

会ってきました

10月28日のブログにも書きましたが、高齢で(実際は13歳だそうです)飼い主から放棄され、新しく迎えてくれる家庭を探していたジーニーくん。

ジーニーのことは、わたしなんかよりご存知の方々はきっと大勢いるかとおもいます。

そんなジーニーが信頼する友人の子どもに加わったと知り、今日久しぶりの訪問と相成りました。

彼女(友人)は、ジーニーを含め4頭の大型犬と暮らしています。

2頭のゴールデン(メス)とラブのジーニー、そして長い預かりのゴールデン(オス)です。

全てが飼い主から放棄された犬たちです。

e0130299_22444823.jpg


残念ながら、全員でのお出迎えの写真はあたふたして撮れずでしたが、横になってるジーニーの傍らに、

風ちゃんがそっと寄り添うように写っています。

この風ちゃん、我が家から送り出した子の中で、一番のべっぴんさんです 笑

e0130299_2250663.jpg

起こしてしまったようです 汗 介護ベストを着けたジーニーに会って、チコのことを思いだしました。

少し痩せたとはいえ、かなり大柄なジーニーくんです。自力ではもう起き上がることも、寝返りさえできません。痩せていたチコとは比べものにならないほど、お世話は大変だとおもいます。
それでも、例えばオシッコがしたいとか、起き上がりたいとか、そしてオヤツを頂戴とか笑(オヤツは減量の大敵ですから、可哀相だけどあげませんよ)自分の要求ははっきりしてるそうです。

e0130299_2304317.jpg

床ずれができないように、人間用の無圧パッドを工夫して寝心地のよいベッドを作ってもらったジーニー。

新しいお家で、2年ぶりのお風呂にも入り、とても気持ち良さそうにしていたそうです。

今、ジーニーの体重でも耐えうる乳母車購入のために、ジーニー貯金をしているのよ!と彼女は言ってます。
どうやら、ジーニーの体重を支えるカートは既製品にはないようです。

e0130299_2383489.jpg


それからね、この子、がんちゃんっていいます。なかなかじっとしててくれなかったので、ぼやけた写真しかありませんが、後日きちんとした可愛いがんちゃんを紹介します。

オスのゴールデン、もしかしたらゴルMIXかもしれません。
年齢ははっきりしませんが、推定7歳以上 しかし、かなり若々しく、元気で甘えたさんで性格はゴールデンそのもの、容姿だってお顔だってゴールデンです。
身体のどこに触れても嫌がることもなく、かえってずっと触れてて欲しいようです。
シャンプーも好きだし、ブラッシングもお耳のお掃除も大好き。
ただね、お散歩ですれ違う犬にもの凄く興味があるのか?それともどう接したらよいのか知らないのか、時には向かっていくことがあるそうです。
そこだけがネックだそうです。
家では、みんなと仲良くできるのにね。不思議ね、がんちゃん!

☆ こんな「がんちゃん」ですが、終生大切に可愛がってくださるご家庭を探しています。
[PR]
by boy0202 | 2009-11-04 23:29 | hitorigoto

ジーニーくん

わたしが預かった犬の中で、一番思い出深い子がいます。

本来ならば、汚れているとはいえ、ふさふさの毛で全身が覆われているのがゴールデン・レトリーバーです。

しかし、その子の身体にはポヤポヤっとしたとても少ない毛が、黒ずんだ象のような皮膚の上に辛うじてくっついているような悲惨な状況でした。

鼻の上から目の少し下は、海苔をべたった貼ったように、そしてそこの毛もすっかり抜け落ち、尻尾の毛もまったくありませんでした。

この子の病名は甲状腺機能低下症でした。それもとても重い症状でした。

当時のわたしは、毛の無いその子が不憫で、少しでもゴールデンらしく見えるようになるまでは募集の掲載を

したくありませんでした。たとえ、掲載したとしてもこの子を迎えてくれる方なんていないとおもったからです。

そんな、毛のない悲しい顔をしてたこの子を家族に迎えてくださる方がみつかりました。

彼女に会いに来てくれた方は、黒ずんで毛のないその子を抱き寄せて、「一緒に暮らそうね」と言ってくれました。

数ヵ月後、毛も無く、皮膚が黒ずみ、ガサガサだった子は風ちゃんと呼ばれ、ふさふさの白っぽい毛で覆われ、悲しい表情を作っていた海苔も顔から消え、見違えるような可愛いゴールデンになっていました。

風ちゃんを向かえてくれた時から、わたしは彼女を勝手に親友だとおもってきました。

彼女がいなかったら、センターから出してあげられなかった子がどのぐらいいたでしょう。

彼女にはたくさんたくさん助けてもらいました。

そんな彼女とも、ここ最近連絡してないけど、元気にしてるかしら?数ヶ月前に彼女と迎えに行って預かっているガンちゃんもどうしているだろう?と、思い立って今日デンワを入れてみました。

確か、今年の7月頃だったでしょうか?クミさんのブログで飼い主から放棄された14歳のラブのジーニーが新しい家庭を探していると知ったのは。

そのジーニーが彼女の家族になっていたなんて。実に彼女らしいです。でもね、わたしはまったく驚きません。

ただね、彼女に一言言いたいのです。水臭いってね。近々ジーニーや風ちゃんや、ガンちゃんに会いにいくからね。
e0130299_20541413.jpg

    募集時のジーニーくん 今、体重は35キロまで減ってきているようですよ。も少し痩せましょうね。
[PR]
by boy0202 | 2009-10-28 21:00 | hitorigoto
e0130299_23253648.jpg


犬ずきにはなんともほんわかとする画像です。(patagoniaのカタログより無断借用)
[PR]
by boy0202 | 2009-07-10 23:28 | hitorigoto

動物の捨て場所

ブログにはどうかと?悩みながらもやっぱり書くことにしました。

書いて、そしてそれで何も変わらないことは、残念ですがはっきりしています。

昨日、我が家のチコ(昨年秋に亡くなりました)の故郷といってはあまりにも辛く悲しい思い出の地に行ってきました。

地方によっては、飼えなくなった動物(大半は犬や猫です)を飼い主が決められた場所に放棄することができます。
捨てられた動物は回収車が集めにきます。
そうです。どこの地域にでもあるような、わたし達の家から出るゴミ集積場と全く同じようにです。

初めてこのことを知った時の息苦しさと、怒り。

そして本来ならば行政がやらなければならないことなのに、自分達の手を汚さず全て民間に委託するのです。

無責任で野蛮な人間のためにある放棄場所です。もちろん捨てた飼い主にお咎めは一切ありません。

テレビやマスコミで扱われると我もが先にと飼い主を希望する人が大勢います。

そんな悲しい捨て場所から救われた子供たちが新しい家庭を探しています。

人知れず、ここにもいることを知ってください。

e0130299_0203165.jpg


この仔たちの暮らしているシェルターは、けして恵まれてはいませんが、清潔で安心して休めるところです。

e0130299_0234182.jpg


ブラシでとかしていたらいつの間にか寝てしまいました。

e0130299_0245642.jpg


空腹にもなりませんし、雨にも濡れません、でもやっぱりこんな生活は普通ではありません。
一日も早く終の棲家が見つかりますように。
[PR]
by boy0202 | 2009-05-28 00:33 | hitorigoto