12年ぶりの仔育て記憶は薄らぎ・・・そんなある日、ちいさなお姉さんがやってきました


by boy0202
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

カテゴリ:仔育て( 25 )

BARF DIET

e0130299_16372728.jpg


そろそろboyの食餌もドライだけに頼っててはと、スポットにもしばらく与えていたBARF DIETを購入してみました。
スポに作ってあげていた時のように、数種類の野菜や、ビタミンを揃える手間を省くにはコレはまことに便利なフードだとおもいます。
ましてや、夏真っ盛りの今、生肉が良いのは重々分かってはいるのですが、ちょっと心配でもあります。(焼肉たむらで食中毒を起こした、牛の生肉に増殖するナンタラキンタラ菌を知り、尚一層不安になる。っていうか、ごちゃごちゃともっともな理由をつけてはいますが、一番は(私めが)面倒なんですな)

boyの適量は一日6枚だそうです。当面はゆる~く週2~3回の生食でいってみよう。何を食べても丈夫で何よりです。ってひよこのぬいぐるみは食べないでね汗
[PR]
by boy0202 | 2008-08-11 16:57 | 仔育て
外での学習もこう暑くなってくると場所探しにも悩みます。公園は多い方だが、いざ日陰は?とあちこちの公園を思い浮かべてみるが、木陰って案外少ない。あぁ、あそこって木が生い茂ってて地面はヒンヤリな土だったな?とおもっても、誰にも邪魔されず独り占めってわけにもいかず・・・そんなときに思い出しました、涼しくって、少々の雨降りでも濡れないで学習に集中できる秘密の場所を。お安い駐車場も近くにあるし。Tトレーナーも凄く気に入ってくれたようで、ここならば7月8月の猛暑夏季学習をなんとか乗り切れそうです(しかし待てよ~もうすぐ夏休みじゃないか・・・不安だなぁ~・・・うるさいお子さまに邪魔されないことを願う)
さて、前回の復習を見てもらい、飼い主的には完璧だわ!などとおもっていたところ、トレーナーよりダメダシあり。脚側での歩行中の座れの誉めのランク。一度で座った時と、2度目、3度目とランクをつけてください。そうだよね~確かに。すっかり忘れてたわ。どうやら3度目での座れの方が、飼い主有難がたいのか、誉めがランク上らしいのです。本当は言葉だけでアッサリとGoodで十分なのに。。。。反省反省、分かっているはずだったのに、10数年のブランクか?やはりプロの指摘は適格だ。飼い主の曖昧な対応がboyを惑わすのだ。
それでもって今回の学習内容はというと、脚側歩行中に突然スロー、超スロー、普通の速度、少し早足、かなりの早足、早足から急に普通に戻る練習。これは得意だよねboy!いつもの散歩でやってるもんね。青信号が点滅してるときなんか、これが役に立つしね。超スロー歩行は、階段から降りるときに、引っ張られて転げ落ちないように防衛策(飼い主がです)。
さてさて、お次はスティ!で10秒、30秒、45秒待つのだ。45秒って飼い主の方がきつかったな。かなり長く感じます。苦しくなるぐらい長かったです。久しぶりに味わった感覚です。
待て!ってリードの長さぐらいの距離って意外と難しいものだったのね。いっそのこと、かなり遠くに離れて待った!をかけられた方が、犬は不安になり、飼い主に集中するもののようです。一メートル程の近さでは、アッチ向いたり、コッチ向いたり、上を向いたりと忙しいようです。アッチ向いてまた正面に顔を戻すときが、マテが崩れるときのようで、戻りかけるタイミングを逃さず、コマンドを掛けてください。って。
飼い主に集中する犬は、得てして(飼い主への)依存の強い性格の犬が多いそうで、boyは少しぐらいキツク叱られてもぽかんとしている性格の子なので、残念ながら集中力は期待薄です。

e0130299_037086.jpg


夕方の公園で復習。マテで30秒。飼い主の方が45秒待てず、30秒で切り上げ。
[PR]
by boy0202 | 2008-07-12 00:54 | 仔育て

満足みたい

生後5カ月が過ぎ、体重も24キロ、仕草はまだまだ子犬ですが、ちょっと小さなゴルって感じです。最近ではマイロくんや、はなちゃんを探しながらの散歩から卒業して、犬らしく基本の散歩に移行しつつあります。boy、こんな基本散歩に満足しているみたい。大人になってきたのかも?最近、地面を嗅ぎたいようでスキあらば頭が地面を擦っています。イカンいかんなぁ。そろそろ本格的に散歩の極意とやらを知ってもらわなければならんな。
明日からboyとの初キャンプ、果たしてテントで静かに寝てくれるだろうか?


e0130299_2351251.jpg


ロングリードを付けて、呼び戻しの練習。暑くてベロ丸出し。
[PR]
by boy0202 | 2008-05-02 23:09 | 仔育て

イヤなの?

我が生涯のラスト犬になるであろうboyを迎えるにあたり、過去の反省点を踏まえboyには室内でのトイレを習得してもらいたいと日々頑張ってきたつもりだが・・・・ここ一週間まったくしません。する気配さえありません。と、いうよりも「ここではしたくない!こんなところでするくらいならガマンするもんね」とは考えてはいないとおもいますが(笑)こうなるとこちらも負けるわけにはいきません。ガマンって言ったってそこは子犬です、限界がくれば意地も張ってられんでしょ。もうこうなると室内ならばどこでもお好きな場所でどうぞの心境です。いいから早くしなさい!外は諦めなさい!(こころの叫び)トイレシートの上にのると、すかさずワンツーワンツーの連呼。このコマンド習得したはずだが・・・・・知らんぷりです。その直後、しま●らのお昼ねパッドの上をトイレにしてくれました。室内でしてくれの我が胸の内を察したようです(トホホ)確かに室内には違いない!

e0130299_1103190.jpgあなたが外好きになったのはわかるような気がしますが、お願いだからしましょうね。わからんとおもうけど、それがあなたのためでもあるのよ。って飼い主のため?
今もしたいはずだとおもうけど、シートに近づくことさえいたしません(このっー!意地っ張りめがぁ~)

[PR]
by boy0202 | 2008-04-18 11:19 | 仔育て

目方は同じです

boyの体重が今夜でチコとほぼ同等です。見た目だけではわからないもんですね、お二人さんの重さが一緒とは・・・明らかに身体の大きさではチコが勝ってるのに


e0130299_13382191.jpg22.5キロのチコとチビ    14~5才ともうすぐ5カ月 この年齢、どちらも手がかかるものです













e0130299_13425664.jpg
乱暴はしなくなりましたが、どうしてもチコより上にいたいようです。重さは一緒でもオツムの中はガキってことです










e0130299_1351116.jpg
やっぱり前に出てきます。身体の大きさはチビのくせして重さが一緒とは?つめ放題のジャガイモやみかんみたいです











e0130299_1402032.jpg
久々の晴れ間にうっとうしい鎧を外して風にあたろうね。これからのことを考え、先週チコは初めてマルガリータになりました。
毛が無くなってみると、たるみや骨が目立ちますが、シミ1つないきれいな地肌です。
[PR]
by boy0202 | 2008-04-14 23:17 | 仔育て

ワンランク上にお引越し

身体の成長も著しくこれまでのバリでは窮屈そうになってきたし、成長とともに膀胱も大きくなってきたようなので、広い部屋へ引越しです。
始めは、これまでと同じくバリの部屋の扉は開放したままにして、その前に万が一のためのトイレスペース及び、食餌場所&眠る場所その2を確保してみましたが、昨晩 引越し早々boyのもの凄い悲鳴とともに、こちらのリビングスペースは取り壊すことにしました。リビングスペースのサークル接合部分にパッドを挟みました。こんな悲鳴、先住犬も出したことありません。広いバリの扉を閉めてもおとなしく寝てくれる、boyの長所と言えるでしょう。


あまりにも大きくて廃棄するのも面倒だった超特大のバリ。300号のバリの可愛いこと。
e0130299_10502335.jpg
e0130299_1051870.jpg
[PR]
by boy0202 | 2008-04-10 10:55 | 仔育て

何!これっ?

e0130299_957491.jpg
たぶんひと月前ぐらいから、なんだろう、これ?????っておもっていた前足の一部分、毛が擦れたようにはげているんです。まぁ、始めは擦れた部分も小さかったのであまり気にもしないで忘れていたんですが・・・・
しかし次に気づいたとき、擦れは両前足に、それもほぼ同じ場所がバリカンで刈取ったかのように皮膚が見えるぐらいに擦れてる。(それにしても下手くそな刈りかたです)
うーーむ、もしかしたら我が家に来たときからだったのかなぁ?小さかったんで気がつかなくて、手も大きくなってきたんで気がついたのかなぁ?それとも生まれ故郷で識別のためのお印なのか?いや、お印ならミミの裏にあるしなぁ~
このときは一応この考えに落ち着いていたのです。今にして考えてみますと、ほんとアホな飼い主です。この刈りかた、その箇所から推理するとこれは自分でむしり取っている。現場は押さえていないがほぼ間違いない!
ここにたどり着くまでの推理の過程。
食餌の荒っぽさ→汁気が飛ぶ→飛沫した汁気がその部分につく→食後の楽しみにと暇にまかせては舐める→理性では抑えることが当然できないわけで、舐めるだけでは飽き足らず食べる→剥げる   解決策としては、身体も大きくなってきたのでフード入れを床置きから台に乗せ、食後のお手拭&消臭厳守  被害が続かないことを願う

e0130299_9554785.jpg
e0130299_956166.jpg

[PR]
by boy0202 | 2008-04-05 09:18 | 仔育て
膀胱炎発症と前後してチコの足が衰退の一途をたどっていることは、先日の日記でも書いてきましたが、とうとう自力では立ち上がれなくなり、補助なしでは立っていることも、歩くこともできなくなってきました。もともと後ろ足に不安がある子ではありましたが、老いというのはこうも突然にやってくるものなのでしょうか。

e0130299_23222083.jpg

しばらくは心配でboyとの距離を置いていましたが、最近ではこんな様子が多くなってきたように感じます
外での遊びから、老いて弱った子に乱暴はいけないことって学習してくれたのか?(そんな訳ないな!)


e0130299_23371652.jpg

4月1日・生後135日・体重20.2キロ 大きくなりました、身体だけは一人前です。しかし 成長は体重だけで、悩み多し飼い主
e0130299_2327811.jpgとても良い子に見えなくもありませんが、ただ眠いのかもしれません。その証拠に顔に霧がかかっています(笑)
[PR]
by boy0202 | 2008-04-02 23:48 | 仔育て

生後4カ月体重17キロ

何ごとも継続することはそう簡単ではありません。ここのブログもチビの記録のためにと、なるべくマメに書いていこうと始めてはみたものの、<ここの>と書いたように、今まで3つのブログを放置したままのわたしのことですから、この先どうなっていくのかはチビの成長が大いに関係してくるような気がしています。まっ!こんなことを書くということは、飼い主少々息切れ、スタミナ切れ、疲労も溜まってきたようで、子犬を育てることの大変さ、そして甘さを痛感し、経験があればいいってものではないことをおもう日々です。本日で生後4カ月、腕力も意志も相当なもんです。

暑くてベロぜ~んぶ出てます(笑) チビの口には少しでかいボールを見つけ、ムリ無理くわえた図

e0130299_08112.jpg
e0130299_083012.jpg
[PR]
by boy0202 | 2008-03-19 00:11 | 仔育て

タフマン、故郷に帰る

タフマン故郷に帰る。大昔の映画のタイトルをパロリました(笑)(こちらに遊びにおいでの皆さんには、この題名のタフマンに入る言葉はわからないとおもいます。ご存知でおいでの方はこちらまでご連絡をお待ちしております)
そろそろ2回目のワクチン接種よりひと月が経ち、早々と散歩に出歩くboyなので、パルボのみもう一度接種しておいたほうが安心だそうで、そろそろ時期もよさそうだし、どうせならばお里のN先生に成長具合もみていただきたいと、接種がてらお邪魔してきました。
到着早々、3頭のゴルに熱烈歓迎を受け、なかでもシャドウママの歓迎ぶりは強烈でした。犬が嗚咽するなんて聞いたことはありませんが、あれはまさしく嗚咽以外には聞こえませんでした。あの時5頭いた兄弟たちも、先生の仔になったその名もドクター(ちなみに性別はメスです)だけになっていて、久しぶりのご対面を。
ドクターちゃんは兄弟の中で一番おとなしい女の子です。控えめで、内気で。
e0130299_23221645.jpg

     おとなしいながらもboyへのご挨拶はレディファースト(笑)
e0130299_23255339.jpg

     ドクターちゃんはこれからショーデビューするので絶対に座りません。boyは教え通り素直にお座り(笑)
[PR]
by boy0202 | 2008-03-02 23:38 | 仔育て